FC2ブログ
 

スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

母からの分離

母からの分離

前々回の続きで。

母へのとらわれがひどく、生き苦しかったことが分かり、
そこから、逃れるために、私のスポンサーは、私に母との別居を進めました。
私も、別居した方が良いかも・・・と思いました。

そこで、引っ越し先の物件を調べ、学校の情報を調べたり
具体的に行動をしていくと、
子供の学校を転校しなくてはならなかったり、
習い事をやめなくてはならなかったり、
私たち家族が住みやすいように、こだわってリフォームをした家を出るのがもったいなくなったり
働く際の子育てのフォローを、母に今後してもらえないだろうとも思い、
ギャンブル依存症のあてにならない夫がいるだけで、
生活が大変になるのは、私と子供だけ・・・
不利益が大きいのではないか・・・?と思うようになりました。

私には見えない何かが、スポンサーには分かるでしょうし、
なるべく、その通りにしたいと思い、
一度は受けいれて行動をはじめましたが、
「まだ別居をする前に、やることがあるのではないか・・・?」
「いま別居するのは、私に不利益なことばかりだ」
という新たな気づきが出てきました。

そこで、他のグループや、セミナーへ行き、
他の先行く方やセミナーの先生などに質問したりしました。

そして、ある方から言われたのが
「あなたは、スポンサーにとらわれている。
スポンサーが絶対ではないよ。
また話し合ってみたら?」でした。

私は、その時まで、スポンサーのいう事は絶対・・・かな?
と思っていたので、「へ?そうなの??」と驚きました。

そして、
「スポンサーが、あなたの全部を知っている訳ではないから
話し合いが足りない事もある。
もう一度、話し合いをしてみたら?」
「決定が出来ないのなら、一度、棚上げして保留にすることもできるよ」
とアドバイスもらいました。

「自分のハイヤーパワーを信じよう
とも言われました。

そして、私はスポンサーともう一度話をして、
「いまは別居しない」ことを選択することにしました。

このことは、一度は「別居する」を受け入れて、
行動してみたから、新たな気づきがあったのではないかなと思っています。
スポンサーに、肩を押されて
一度は真剣に別居を考えることができて、とてもよかったと思います。
別居の提案をしてくれたスポンサーに感謝します。
そして、今は別居しない選択を受け入れてくれたスポンサーにも感謝します


*****

別居を選択しないけれど、
母の呪縛から逃れるために、
いままでと違う行動や選択をした方がよい、とは思いました。

スポンサーや先行く方々からのアドバイスを受けて、
私がしたことは、

・母に相談事をしない、世間話をしない
・母を買い物や外食や余暇に誘わない(接する時間を少なくする)
でした。

いままで、何かと母に相談事をしていました。
母の常識を聞いて、自分の参考にしていました。
相談することが、母を立てる事、にもなっていました。

そして、買い物や外食や余暇にも、いつもべったり一緒にいました。
そうすると、私の好きな事が出来ないのですが、
一緒に生活して、母を敬う「良い娘」でいたかったのだと思います。
その「良い娘」を放棄しようと思いました。

話をしないことは、はじめなかなか難しく、
黙っているのは、気持ちのはき出し先がなくつらかったのですが、
話をすれば、私はなにかと母に反応し影響されてしまいますので、
この関係を断ち切るんだ、と思って、し~んと貝のように?がんばりました。

その分、はき出すのは、ミーティングやスポンサーに話をしました。

*****

私の微妙な態度の変化で、
母にも変化が現れました。

はじめは、私の態度への拒否反応です。

ギャマノンへ行き始めてから私が少し変わってきたのか
「そんな家族会なんて行かない方がよい」と
盛んに言うようになりました。

私と母とが「違う人間なんだ」と母に分かってもらうために
母の思うとおりに、ここでギャマノンへ行くのをやめてはダメだと思って、
がんばりました。

「私には、家族会が必要なんだよ。
夫が病気だったら、家族が解決策を勉強しに行くのは当たり前でしょ?
もし、家族がガンだったら、行動するよね?」と。

すると、ものすごーく、嫌な顔をして、
「おまえも不憫だね~」と言ってみたり、
怒ったように、私を無視したり。

それでも、私はここで負けちゃだめだと、
自分の都合のつく限り、ギャマノンへ通いました。

「娘は、悪い宗教に引っかかってしまったのではないか?」
と、母が夫の母に相談して、行くのをやめさせようともしました。

それでも、私は夫の母に、
「私に必要なんです。宗教ではありません。
依存症の回復に認められている自助グループなんです。」
と説明して、通い続けました。

周りの理解がないのは、さみしいし辛いことでした。
グループの仲間がいたので、通い続けられたと思います。

そして、1年以上経って、やっと、母に良い変化が・・・。
「今日は家族会かな?いってらっしゃい」
ええ!!!

母が私の変化に慣れて来てくれたのかなぁとも思います。
私が変化しても、そんなに悪い事は起きずに、
むしろ家族には良い事が起きているかも・・・と肌で感じてくれている気もします。

私が行動するうちに、母も、ギャンブル依存症について
テレビやラジオ、新聞などで見聞きするようになり、
「ギャンブル依存症=病気なんだ」
「自助グループに行くことが大切なんだ」と
素人なのに、なんとなく分かるようになってきているようです。

取り上げてくださるマスコミさん、ありがたいですね。
私と母との関係は蜜ですから、
私がいくら説明しても、母の耳には入りません。
第三者からの意見は、すんなり入るんですね。

*****

ギャマノンにつながって、
ようやっと、最近、母と分離できてきたかなぁと感じ始めました。

油断すると、すぐに戻ってしまいますが、
少しコツがわかってきました。
このままこの関係を続けていきたいです。


なにより、いままで生きづらかった理由を
ほとんど母のせいにして生きてきましたが、

それは、本当は、自分のせいだったと気づいて、
これからは自分で責任とって、生きるだけだなと、
すっきり晴れ晴れとした気分になれたことは、
私にとって、とてもすばらしい、宝物のような発見です

保険のCMじゃないですが、
世界がクルリと違います。
が~んと、落ち込んで、ボロボロ泣きましたが。
自分の責任だったと認められた後、とても晴れやかです。

この事に気づくことができたギャマノンに、仲間に、感謝
そして、ここにつながるきっかけになった夫にも感謝しています

なんでしょう・・・。
自然とわいてくるこの気持ち・・・。
不思議ですが。
こんな気持ちになれる自分にとてもうれしくなります。



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ
にほんブログ村



ギャンブル依存症 ブログランキングへ
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

Re: 参考にさせて頂いています

はじめまして、こんばんは^^
コメントありがとうございます。

どうしたら良いか、途方にくれますね。
私も、苦しく暗い数年をすごし、やっと「私では夫を変えることはできない」
と自分自身が底を付き、夫について何かをすることやめ、
その後も、途方に暮れた暗い日々、その後数年して、やっと夫は底を付きました。

アドラーの人生に革命が起きる100の言葉、読んだことがありません^^
こんど、読んでみようかなあ~。
よい情報をありがとうございます^^

Re: 資産へ

チカさん、こんばんは^^
いつもありがとうございます。

母の事をこのように思えるようになったのも、
ギャマノンとプログラムのお陰ですね。
もう本当に、この場所が大好きです。
神さまに、感謝します☆

Re: NoTitle

こんばんは。
コメント、ありがとうございます^^

私の勉強不足か分かりませんが、
私の知る中では、「ギャンブル依存は 親の愛情不足」と言うのは、
聞いたことありませんよ^^
どちらかというと、「遺伝」「ギャンブル環境」「脳のドーパミンの調整が出来なくなっている」等で、
病気になる人はなる、ならない人はならない。
たとえば、アレルギーや癌の人が、「親の愛情不足で・・・」って言いませんよね?
ギャンブル依存症は、本当に、脳と遺伝子が関係する病気ですよ^^

愛情云々は、ご本人の問題ですから、夫さんがGA等で
ご自分を見つめ直して対応されると良いんじゃないかなぁと思いますが。
ほとんどのギャンブラーは、はじめ否認をしていて、GAにすぐ行くような方は稀です。

ですから、まずは、ご家族が共依存から回復されるのが一番良い、と思います^^
ご家族が変わると、本人が変わる場合があります。
ご家族が回復されると、夫さんの回復の道も見えてくるし開けると思います。

どうにもならないような状況には、私には見えません^^
このコメントを読んだだけでも、まだまだやれることが、たくさんあるな~、
本当にもったいないな~!と感じますよ^^

本人に任せられるようになったのは、過去記事にも書きましたが、
ギャマノンへ行ったからですよ^^
自分の家の話をしていると、自分の家の常識がとてもおかしいことに
夫の言い分のおかしいことに、気づくことができます^^
1人では、できませんね。難しいです^^

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

資産へ

こんにちは。
12ステップをとても強く感じる記事ですね。
恨み、恐れ、傷つけた人たちに対し、次第に感謝し、愛するようになっていく。
全ては自分に必要だから与えられた、心からそう思えた時、自分の信じる神との繋がりも、より強いものになるのでしょう。
今回の件も、普段のミーティングだけでなく、セミナーなどでも是非皆と分かち合って頂きたいと思いました。
素敵な記事をありがとう。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。