FC2ブログ
 

スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

それぞれの価値

それぞれの価値

ちょっとした依存症のセミナーに参加してきました。
以前に、コメントして下さった方が、
「ミーティングで借金の額がこちらの方が大きいと言われる・・・」
と書いてくださった方の文が、私の頭の中のどこかにあったからなのか、
よくあるパターンだからなのか、
そちらのセミナーで、私も同じような経験をしました。

「自分の夫は何百万の借金をして・・・」というお話を少ししたら
「わたしなんて、1千万の借金でした」
「そのうえ、ギャンブルだけでは無くて、薬物もアルコールも・・・」
と言われました。

その方は、「だから、こっちの方が大変なんだ」という言語は使っていませんでしたが、
そう言いたいのかな~?と、私は勝手に感じてしまいました。

こういうことって、やっぱり良くある事だなぁと思いました。

*****

前に記事に書いたことがあるのですが、
私も、この件で、前にものすごく悩んだことがありました。
こちらで書いた記事の出来事(価値や役割を書いた辺り)のお陰で、悩みは解消され、
いまも、この考え方は、本当にそうだなと実感しています。

あの時、軽度か中度と思われる依存症と共依存の私たち夫婦は
自助グループに通っていて良いのかしら?
もっと重症な方が中心になって、私たちは小さくなっていないと
いけないかしら・・・?と、悩んでいました。

依存症って、完治はないですから、回復し続けるしかないですから、
もちろん、自助グループに通うのが良いに決まっているのに。
なんとなく「何千万でした!」と言われると
反対に、肩身が狭いような気がしてしまう^^;
おかしいですね。

*****

でも、いまは、その人はその人。
私は私だなぁと思えています。

「何千万!」や「薬物もアルコールも!」と言う方々と
もしかしたら、私は完全に分かち合う事は出来ないかもしれませんが、
同じ依存症者の家族として、分かち合える部分も多くあると思いますし、
自分と似たような境遇の方がいれば、その方々の力に、
自分がなれるかもしれないなと思えています。

大きな借金がある方は、同じように大きな借金がある方の力になれるでしょうし、
軽度・中度の依存症の方は、軽度・中度の依存症の方の参考や力になれるでしょうし、

軽度重度は違っても、同じ依存症と共依存という立場で
分かち合えることが、たくさんあるんだと思っています。

1人として、完全にぴったり同じ人なんていないでしょうし。
まるい人もいれば、さんかくの人もいて、ここが欠けている人がいれば
あっちが欠けている人もいて、それぞれが価値を持っていて、
それぞれの形で良いんだなぁと思います。

「こうじゃなくては、本当じゃない」とか決めつけないで、
「私は○○だね」「そうだね~」と認めるだけの、
そういうフリーな、自由な考え方は、とても楽な考え方だなぁと知りました。
「そうだね~」というのは、誰かが言ってくれたら、それも最高ですし、
自分の心で思っていても、十分良いかなぁ~と思います。

*****

もし、自分の通うグループで、誰かが思うような分かち合いができなかったり
答えやヒントが見つからなければ、
そのグループを通過点として、別のグループに羽ばたいて行っても
良いだろうなぁ~と、自由な気持ちで思います。
選択は自由なのですから

分かち合えたり、力になれたり
出来る事があるかもしれないし、
わたしでは出来ないことがあるかもしれない・・・。
出来ない事に悩まないで、手放して、
その方の力や、その方のハイヤーパワーを信じる・・・。

自由に参加するのが自助グループですから、
自由で自分の選択で誰の強制でもなく集まった仲間たちだから、
信頼できて心強く思えるのかなぁと、感じています。

そういうフリーな心持でいると、
もし羽ばたいていった方がいても、その方の選択の結果ですから
またお会いする機会があったら、気持ちよくお会いできるな~と思っています



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ
にほんブログ村



ギャンブル依存症 ブログランキングへ
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

Re: はじめまして。

こんばんは^^
長くコメントしてくださってありがとうございます^^全部読ませていただきました^^
うちも同じように高校生くらいからはじめて、大学の頃には学生ローンを借りて、その借金の利息を15年位払ってたそうですよ^^;
過払い金請求をしましたが、昔の事で、すごく小さい会社から借りたみたいで全然戻ってきませんでした。

奥さんのせいで依存症になったのでも、回復に向かえないのでも無いんですよ^^
たとえば、アレルギーや糖尿病や癌に旦那さんがなったとして、その原因が家族ではないですよね?^^
それと同じです。旦那さんは依存症になりやすい脳の仕組みを持っているんです。体質と同じですね。
ご自分を責めないでくださいね^^
依存症の人へのうまい対応方法はあるかもしれません。
ギャマノンで相談すると教えてくれる人がいるかもしれません^^

うちはお金の管理は、家計の管理は、全て私がしています。
夫はお金に発病すると思うので、貯金とか保険とか全て見せず、私が管理していますよ^^
そういう方は多いみたいですよ^^
夫には毎月のお小遣いを渡して、夫の借金返済は引落しになっていて、その手続きや残額の計算は夫がしています。
私も共依存なので、手続き系は、いろいろと調べたくなってしまうのですが、調べ始めたらこちらの方が良いよ、と言い始めてしまいそうなので、そこは「わからない」と手放して口出ししていません^^;


夫の帰宅が遅かったり、あやしいなぁ~って思ったら、私もつい言っちゃうときがありますよ^^
ただギャマノンやGAにつながる直前は、夫も病みに病んでいて、夫婦仲もものすごく冷え込んでいて、
夫は私のいう事は全く聞こえていない状態でしたので、私は夫のことは諦めて、な~んにも言いませんでした。
1年半くらいかな?無視状態が続きました。つめた~い空気がどよ~んとしていました。
立て直したいけど、どうにも出来るような状態では無くて^^;絶望していましたね。
その間に、夫は落ちるところまで落ちて、借金発覚!で、
夫自身が助かりたくてGAにつながりました。

旦那さんGAに行けたら良いですね~。
病院で診てもらうか、GAの20の質問をしてみれば、「病気」って分かりますよ。
GAに行った方が絶対に楽になれると思います^^

ご家族が先にギャマノンに通ってる方もたくさんいらっしゃいますよ。
家族が変わると、本人も変わってくることがあるみたいです^^
依存症の医師もそう言っていました^^
うちの夫は、私がギャマノンに通ってどんどん変わっていくのが、自分から離れていくようで初め怖かったそうですよ。
共依存から自立されるのが、依存の人は怖いのでしょうね。
GAに真面目に通うぞと思える良いプレッシャーになるんじゃないかな?なんて勝手に思ってます^^

勇気を出して、ギャマノンにぜひ行ってみてください!
旦那さんのことは、旦那さんに任せて、ご自分がまず救われるところから、はじめてください^^
分かち合いができる仲間がきっといると思いますよ^^
1時間ちょっとで行けるなら恵まれている方かも♪
応援しています!!がんばって!

それから、趣味を始めたり、お友達ができたり、良かったですね^^
お友達は大切ですね^^
私も、夫の依存症の事は言えないけれど、元気なお友達に救われています^^
共依存だって、少しずつ回復しますよ♪
お互いがんばりましょう~♪
全部にお答えできているか分からいないのですが、またコメントくださいね^^/

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。