スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

どれだけ夫が嘘つきでひどい奴だったか

どれだけ夫が嘘つきでひどい奴だったか

(この記事は過去を書いた日記です。日付と連動してません。)

私は、夫のギャンブル癖と借金を、ずっと知りませんでした。
小さな兆候があった時も、「夫を信じる!」と思っていたので、
見逃してしまっていました。

今思えば、夫の帰りは、ほぼ毎日11時過ぎ。
後から知りましたが、パチンコ屋さんの終了時間がその位の時間なんですね。
土日も、休みなく、出勤。
電話をしても、すぐには出ないで、数分後にかけなおしてくる。
(パチンコ屋さんにいるから、すぐに出られない)

ちょっとおかしいかな?と思って、聞いてみても
「仕事が忙しくて」と
私の目をばっちり見て、言う夫・・・。
何かを疑う私がおかしい、心外だ、という態度に、
余計に、「うたぐっては悪い」という思いを
埋め込まれたと思います。

お正月休みに一度、バックにパチンコ屋さんの音がしたので、
「パチンコ屋にいるの?」と聞いてみたことがありました。
「友達と一緒にきてるけど、すぐ帰るよ」と言っていました。
お正月だし、友達とパチンコ屋に行くこともあるかな?と
ただの気晴らし程度だと考えていました。
まさか、夫がパチンコにはまっているなんて!
1ミリも考えませんでした。

*****

こんなこともありました。
夫は、健康のために、周囲からタバコをやめろやめろ!と言われ、
「たばこはやめた」と言っていたのに、
1年後、実はずっと吸っていたと判明したことがありました。

やめているときも、とてもタバコくさいので、
(パチンコ屋さんんってタバコくさいんですよね、これも知らなった)
「タバコ、やめてないんじゃない?」と聞いても、
やはり、私の目をばっちり見て、
「同僚のタバコが服に付くのだ」と言う夫。
同じように、疑う私がおかしい、心外だ、と言われ、
またまたこれも、「うたがう私が悪い」という思いを埋め込まれました。

とにかく、このあたりの、心理戦?には、とても長けていて、
条件反射?なんでしょうか?
私には、彼が嘘を言っているのか本当のことなのか
この時には、全然わかりませんでした。
バカな女だと、心の底では思われていたんじゃないかな。

*****

嘘が全く見抜けなかったことには、私にも原因があると思います。
私は私で、自分に自信がないんです。
だから、なんでも人に尋ね、その答えをうのみにする・・・。
自分の考えに自信を持てない・・・。
(いまは、そんな自分を変えたくて、ギャマノンに通っています)

*****

夫の言うことを、丸呑みにして信じていたから、
夫は小遣い内でやりくりをしていると思っていました。

夫は、私に言えないので、消費者金融や友人から借金を繰り返し
その額は、どんどん膨れ上がっていきました。

大部分のギャンブル依存症の妻が、
「今度こそ、ちゃんとやめるから」という夫の言葉を信じて、
夫の借金を代わりに返済するが、また夫はギャンブルをする・・・
という繰り返しになることが多いところ、

私は、運よく?彼のギャンブル癖を知らなかったために、
夫の借金の肩代わりをずっーとしないで済みました。

もし私が途中で気付いて、何十万程度なら、
そんなに深刻に考えずに借金返済をして、
意志の弱い夫が悪い!と言っていただろうと思います。

それが、私では返しきれない額になっていたのと、
10年嘘をつかれていたという事がショックすぎて、
なにかおかしいと調べることができ、病気までたどり着くことができました。

私は知らぬ間に、借金については
彼を「手放す」ことをしていて、
そのことは、彼の底付きを早めてくれたのかもしれません。
とても、幸運なことだったと思っています。

           

ただ、私は、ギャンブルと借金をしらなかったけれど、
彼とは、別のことで、毎日戦っていました。

「仕事」で遅い彼、土日も家にいない彼、
子育てに協力しない彼、家族でどこにも出かけない彼に
ほぼ毎日文句を言い、彼を変えたくて、
どうしたらよいか?悩み、彼と戦っていました。

何をしても、何を言っても、泣いても、脅しても、
何時間も話し合っても、
とりあえずは、「わかった、今週末は休むから」
「平日は何時に帰るから」「約束するから」と言ってくれますが、
守ってくれることはありませんでした。

自分の言葉が、まったく届かない。
約束しても、約束しても、守ってもらえない。
それは、本当に、イライラする毎日でした。

週末に、子供と私だけで、買い物へ出かけると、
そこには、パパもそろった家族が何組も仲良く歩いている姿があり
私は、涙が出てきて、何も買えずに帰りました。
買い物は、平日にしよう・・・と決めました。

気付けば、子供が2才を過ぎたというのに、
動物園も大きな公園にも行ったことがない。

子供が熱を出したり、入院をしたりしても、
「仕事が入ったから」と
そそくさと、外出してしまう夫・・・。

そして、時々、シャンプーの匂いをさせて
帰ってくるようにもなりました。
女がいるのかな・・・?
でも、もちろん「ちがう」と言う夫・・・。


夫の背中ばかりをみて、私が、この人を変えるのは、無理なのだ・・・。
と、やっと思いました。

私や彼の両親は、私がしっかりしているので、
私がもっと彼に注意をすれば、彼を変えられるから、
あれを言え、これを言え、と私に注文を出しました。

けれど、私は彼に注文することに疲れました。
「私が言っても変わらないですから。
本人が決めることですから。」と。

借金がばれる、1年ほど前から、私は、夫に生活の面でも
うるさく言うのをやめていました。
時々は言っていたかもしれないが、前ほどには言わないで放っておきました。
冷えた、冷た~い空気が私たちの間に流れていました。

この疲れ切った私のこの行動も、今思えば、
彼を「手放す」ことの一つに、少しはつながっていたのかもしれません。


           



私に、なにも言われなくなった夫は、
このころ、ますます帰りが遅くなり、土日もいないのが普通。
家庭に、彼の居場所はどこにもありませんでした。

ギャンブル年表によると、ほぼ毎日狂ったようにギャンブルと消費者金融に通い
時々は、風俗にも通っていた、そうです。

自分でも、これはおかしい、狂っている・・・
私の言うように、家庭を大事にしたいと思うのに、そうならない、
どうしたら良いか分からず、途方に暮れ、誰にも相談できず、
このまま自殺をしてしまおうかと思っていたといいます。
完全に、ギャンブル依存症。病気ですね。

運よく、運よく、
私は夫の借金を知らずに、肩代わりせずに済み、
夫に疲れて、夫の監視をやめ、放っておいたおかげで
夫にも、底付きが来たのでした・・・。



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ
にほんブログ村


にほんブログ村 家族ブログ 夫婦再構築へ
にほんブログ村
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。