FC2ブログ
 

スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

ステップ5

ステップ5

プログラムのステップ5。
棚卸しで、恨みのリストをスポンサーさんと確認しました。

生れてから、最近までに恨みに思ったことを
どんな小さなことでもあげていいよ、と言われ
結局A4用紙に、8枚もありました

ひとつひとつスポンサーさんが分かち合ってくれて、
そして、一つの恨みに思う人や出来事から
自分が傷つけられたものは何か?
そして、自分にも、誤りや欠点は無かったか?
項目があるので、○印をしていきます。
(相手を変えることはできないので、
自分の誤りや欠点を見極めて変えていけばよいそうです)


棚卸を進めていくうちに、○印が
偏っていることが、分かってきました。

よく、先行く方々が、「自分のパターンは・・・」
「これが自分のクセで・・・」と
ミーティングで話をしているのを聞いていて、
自分のパターンが分かるなんて、すごいなぁ~と
思っていたのですが、

「これが、そのパターンか
私にもある!!
と、ちょっと感動しました。

*****

今日、特に分かったことは・・・。

・私は、自尊心が傷つかなくても良い場面で
勝手に傷ついている。

・夫に対して、私の理想の夫像をおしつけていて、
そこから外れているとコントロールしたくなる。
彼が病人であるという配慮にかけている。

・母に対しても、理想の母像をおしつけていて、
そこから外れているとがっかりする。
若干病的な母であるという配慮にかけている。

・事実あったことではなく、想像や妄想で勝手に
傷ついていることがある

・自分に対して価値が低く、悲しい事は悲しい、
嫌な事を嫌だと、自分の気持ちを出せない。
なにもかもうまく行っているふりをして、
気持ちを出せていない。

*****

そして、人生で一番の失敗について、
「きちんと償ったのだからもう終わりにして良いよね」と
スポンサーさんが、私の辛い過去の失敗に対して
分かち合ってくれました
「責任は取ったのだから、自分を許して、
そのうえで、まだつらい出来事だったら、
ミーティングでどんどん話をして、
もう話をしなくてもいいやと思うまで
しつこく話をすればよいよ。」
と言ってもらいました。

私がずっと死にたいほど苦しかった出来事。
誰かに話すこともできず、
ずっと自分で自分を責めて、自分を許せずに、
このまま死んでいくんだろうと思っていた。
むしろ、このまま誰にも許されずに死んでしまいたいと思っていた。

けれど、本当は、誰かに許されたかったんだ・・・。
スポンサーさんに、「もうきちんと償ったじゃない」
と言われて、そんな風に考えたことは一度も無かったので、
許す、という言葉に、涙が出てきました

そうか~、そうか~、そうか~。
やっぱり私は、悲しく悲しくてつらかったのに、
平気な振りをして生きてきて、
自分の悲しみを大事にしないで見ないふりをして、
自分だけを責めて責めて責めて、生きてきたんだぁ

幸せになってはいけないと思っていました。
けれど、それは、自分を大切にしていない、
逆の意味で、利己的という欠点だと言われました。

悲しくてつらかったことを、もっとジタバタして
だれかに言っても良かったんだなぁ。
悲しみの中に、じっといることができないで、
つい平気なふりをして見ないふりをしてしまうのが、私のクセなんだ。

恨みがたまらないように、これから、その欠点を治す練習をしていく・・・
自分を大切にして良いんだ。大切にしたい

(夫のギャンブルや性格の問題も、
大したことじゃないと思いたく、
見て見ぬふりをしてきたところもあるかも、と
これを書いていて思いました。
真実を見るのが、怖くて、うまく行っているふりを
していたんだと思いました。
自分を大切にしていたら、
真実をちゃんと見ることができるのかな?と感じました。)


*****

いろいろなことが分かった。
自分で思っている自分と、
スポンサーから見える自分。
合っているところもあるけれど、
全然ちがって、そんな見方もあるの?!と
びっくりすることが、たくさんありました

でも、それは、全然いやじゃない発見でした

スポンサーさんは、朝から夜まで丸一日かけて
一緒に取り組んでくれました。
本当に、愛のあふれる方です!!
感激
ありがとうございます


わたしは、ギャンブラーの夫のおかげで、
ギャマノンにつながって、
自分の生きづらさに対面し、
自分の問題に向き合うことを決めて、
やっとここまで来ました。

夫に、スポンサーに、仲間に、私の中の神さまに、
子供に、親に、いろいろなことに、感謝します
ありがとうありがとうありがとう




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ
にほんブログ村


にほんブログ村 家族ブログ 夫婦再構築へ
にほんブログ村
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。